光仁会,癌封じ,ガン封じ,笹酒,大安寺,1月23日,光仁会,癌封じ,ガン封じ,笹酒,大安寺,1月23日, 一月二十三日
 桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の齋会を大安寺で営まれたという『続日本紀』の故事により、毎年一月二十三日に光仁会が行われます。

 この法会は風雅な青竹づくしの祭儀で光仁天皇ゆかりの、「笹酒」の接待が行われます。「がん封じの笹酒」として、広く知られています。

 光仁天皇は不遇な白壁王時代に、しばしば大安寺の竹林にて浄竹を伐り、酒を注いでお召しになり、中国の故事にいう「林間酒をあたためる」風流を催されて無病息災を保たれました。実に六十二歳という当時破格の高齢で帝位につかれ、七十三歳まで在位されたのです。この帝にあやかって悪病難病を封じ、健康に過ごそうと催されるのが笹酒祭りです。

 この日はがん封じの御祈祷と、笹酒の薬効が相俟って、御利益あらたかであり、遠近からの参詣者で境内はあふれます。古都奈良の新春の風物詩となる行事です。

 竹は漢方薬にも竹瀝・竹茹・竹黄などにみられるように多様に使われ、現代薬学からみてもビタミンC・K・Eをはじめ、クロロフィルやカルシウムを含有しており、健康によいとされています。
光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺
光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺
光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺 光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺
光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺 光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺
光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺 光仁会,癌封じ,笹酒,大安寺


トップページへ戻ります トップページへ戻りますトップページへ戻ります


南都,大安寺