竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹 六月二十三日
 古来中国では、陰暦五月十三日(六月二十三日ごろ)を竹酔日あるいは竹迷日、竜生日、竹誕日、竹供養と称し、この日に竹を植えればよく育つといわれています。

 大安寺では、竹酔日の故事にちなみ、六月二十三日に恒例の「竹供養」「癌封じ夏祭り」が行われています。

 当日は、早朝からがん封じの祈祷が行われ、笹娘による大安寺名物の笹酒がふるまわれます。
 午後1時から竹供養の儀。虚無僧による尺八奉納演奏、竹林加持、銘竹の植樹、特別法話、茶筅製造の実演など多彩な行事が行われます。
竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹
竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹 竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹
竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹 竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹
竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹 竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹
 

 境内に生える竹は、その気品と優雅、素朴と強靭さは大安寺独特のもので、古来、「竹の寺」としても知られています。

 「大安寺竹」は、弘法大師をはじめ、大安寺の僧によって全国に広められたと伝えられています。そして、新たな日本の風土と景観を創造し、人々の生活を豊かにしました。

 「竹」は、河川の堤防、山野の崩壊地、民家の周辺などに植林され、防火、防水、防風などの防災林となって、国を護り、人々の安全を図りました。

 また丸く、節があり、剛直で空洞を持ち、美麗、強靭であるなど樹木に見られない特性を持ち、様々な民芸品や工芸品、また建築資材や生活道具になり、人々にとって生活の必需品としてなくてはならないものでした。

 精神文化に及ぼした影響も計り知れず、竹の風情は日本人の感性を磨き、情緒を育み芸術、文化に多大の貢献をなしています。

 この竹の広大な恩徳に感謝し供養をする法要です。
竹供養,癌封じ,夏祭り,笹酒,大安寺,大安寺竹
トップページへ戻ります トップページへ戻ります
南都,大安寺