お知らせ

書籍『大安寺の365日』(副住職 河野裕韶著)発売について

令和4年12月12日、西日本出版社より発売致します。

書店、インターネット(アマゾン等)、大安寺寺務所、または大安寺HP内「授与品・書籍」よりお買い求めいただけます。

インターネットと大安寺HPでは既に先行予約が始まっております。

https://www.amazon.co.jp/%E7%99%8C%E5%B0%81%E3%81%98%E3%81%AE%E5%AF%BA-%E5%A4%A7%E5%AE%89%E5%AF%BA%E3%81%AE365%E6%97%A5-%E6%B2%B3%E9%87%8E-%E8%A3%95%E9%9F%B6/dp/4908443769/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=3SK9OAJ0JXC5Z&keywords=%E5%A4%A7%E5%AE%89%E5%AF%BA%E3%81%AE365%E6%97%A5&qid=1668774109&qu=eyJxc2MiOiIwLjY4IiwicXNhIjoiMC4wMCIsInFzcCI6IjAuMDAifQ%3D%3D&s=books&sprefix=%E5%A4%A7%E5%AE%89%E5%AF%BA%E3%81%AE365%E6%97%A5%2Cstripbooks%2C158&sr=1-1

元銀行員という異色の経歴を持つ副住職が、大安寺の歴史、現在、日頃の思い、仏教について等を平易な文章で書きました。

ぜひお買い求め下さい。

光仁会 癌封じ笹酒祭りについて(R5.1.23)

令和5年1月23日、午前8時~午後4時まで実施致します。

コロナ禍のため、感染対策をとった上で実施致します。例年とは内容が異なる点等ございますが、御了承の上ご参詣下さい。

細かな開催仕様等は、感染状況を見極めた上で決定次第以下に掲載致します。

 

・笹娘による笹酒・笹水の振る舞いは感染対策をとった上で実施致します。

・ご祈祷は今のところ20分毎の時間制にて各座定員を設けて実施の予定です。(感染状況改善の場合、コロナ禍前の随時祈祷に戻すことも検討しております)

・JR、近鉄奈良駅から大安寺門前までの臨時直通バスは例年通り運行致します。

・大安寺駐車場はご利用いただけません。公共交通機関をご利用の上お越し下さい。

・来山されないお方でご祈祷をご希望の場合、HP内「ご祈祷について」→「来山されない方」よりお申込下さい。その際備考欄に「1/23祈祷希望」と明記下さい。

 

東京国立博物館 特別企画「大安寺の仏像」展開催について

令和5年1月2日~3月19日まで、東京国立博物館にて 特別企画「大安寺の仏像」展が開催されます。

大安寺の天平仏7体(不空羂索観音、聖観音、楊柳観音、多聞天、持国天、増長天、広目天)等が出陳致します。

https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2555

期間中、会場に大安寺僧侶が駐在し、記念朱印の授与等を実施致します。(書き置きに日付入れを行います)

駐在日は以下の通りです。(予定は変更になる場合があります。来館前にこちらをもう一度ご確認下さい)

1月・・・14日、15日、21日、22日、28日、29日

2月・・・4日、5日、11日、12日、18日、19日、23日、25日、26日

3月・・・4日、5日、11日、12日、18日、19日

 

また、展覧会期間中、下記日程にて新橋の奈良まほろば舘にてイベントを開催致します。(予定)

申込方法等詳細決定致しましたらこちらにアップ致します

2月10日(金)14時~15時半 講師:増田政史(東京国立博物館 研究員)

2月17日(金)14時~15時半 講師:河野良文(大安寺 貫主)

2月24日(金)18時~21時頃 講師:河野裕韶(大安寺副住職)、安達えみ(ホトケ女子)

 

宝物殿増改修工事 ご寄進のお願い

大安寺宝物殿には七体の天平仏(全て国重文指定)をお祀りしておりますが、建物の経年劣化に加え、免震機能やバリアフリー等現代の保存、公開のあり方にそぐわない形となってきました。

奈良時代より連綿と続く宝物を次世代へ引き継ぐため、この度宝物殿の増改修工事を行う事と致しました。

新たな宝物殿については、仏像の保全に適した環境の整備はもちろんのこと、日本仏教源泉の地と言われる大安寺の歴史や意義、往時の姿等を広く皆様に知って頂けるような施設にしたいと考えております。

今回の増改修に2億円の巨費が必要となり、助成金等を除いた1億5000万円が当方の負担金となります。今日の世情の中で恐縮ではありますが、何卒ご支援賜りますようお願い申し上げます。

ご寄進のご検討を頂けますお方は、資料をお送り致します。電話0742-61-6312    またはメールinfo@daianji.or.jp  また本HP内のお問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

拝観体制の変更について【重要】

宝物殿増改修工事、ならびに各展覧会出陳等の為、現在通常と大きく拝観体制を変更しております。ご理解ご了承の上ご参拝下さい

 

令和4年4月~宝物殿工事終了まで(令和5年3月を予定)

10月、11月    十一面観音、馬頭観音特別拝観のみ(拝観料500円にて、宝物殿拝観不可)

10月、11月以外  馬頭観音特別拝観のみ(拝観料400円にて、宝物殿拝観不可)

 

お問い合わせは 0742616312 大安寺まで

大安寺天平伽藍復元CG完成・公開のお知らせ

最盛期の大安寺天平伽藍のCG復元を奈良文化財研究所様ご監修の下進めており、この度完成致しました。現在寺内嘶堂にて公開中です。

大安寺は奈良時代、我が国最古の官大寺として、887名の学僧と26万㎡の広大な境内地に七重塔二基をはじめとする90余りの堂棟を擁した国家筆頭寺院でした。

しかし、時代の変遷とともに寺運衰微し、現在境内は最盛期の4%まで縮小、当時の伽藍は全て消失しております。

長年の発掘調査により伽藍の全容がわかりつつありますが、現境内の周囲には住宅等が多く建ち並び、実物での伽藍復元が不可能な状況です。

どうにか当時の大伽藍を現代に伝えたい。そう考え本プロジェクトの実行に至りました。

現在大安寺嘶堂に体験機器を設け、公開中です。ご自身でゲームコントローラーを操作いただき、CG伽藍内を歩行・飛行し自由に散策いただける他に類をみない仕様となっております。

また今後は寺内での公開に加え、各種機関でのご利用、体験会等を通して当時の仏教文化の精髄を広く皆様にご体験頂きたいと考えております。

編集動画は下記URLよりご覧頂けます。

https://youtu.be/x1nF_BniKgo

尚、11月30日まで実施させていただきました本事業に対するクラウドファンディングは、目標金額1000万円を大幅に超える1600万円強のご支援を頂戴致しました。厚く御礼申し上げます。

http://readyfor.jp/projects/daianji-2021

クラウドファンディングは終了致しましたが、ご寄進を受付させていただいております。ご希望の方はご連絡下さいませ。お電話0742616312 メールinfo@daianji.or.jp

尚、本事業は文化庁「Living History」補助事業ならびに奈良市後援に採択されております。

 

ご祈祷について

コロナ禍のため、現在制限を設けてご祈祷を厳修しております。下記ご一読いただきご了承の上ご来山下さい

・本堂への入堂はマスク着用の上、申込1件につき2名までとします(ご本人様と付添1名等)

・開始時間は9:30、10:30、11:30、(土日祝は12:30あり)、13:30、14:30、15:30です。各回開始5分前を受付締め切りとします

・一座につき20件を定員とします。定員超過の場合は次座か郵送となります

・12/29は大掃除、12/31は新年準備の為、ご祈祷は全て郵送対応となります。

 

尚、ご来山されない方もご祈祷をお申し込みいただけます。

ホームページ「ご祈祷について」→「来山されない方はこちら」よりお申し込み下さい。

「寺ヨガと瞑想」について

次回以降の日程をお知らせ致します

12/3      2/4       3/4       4/1

1月はお休みです

いずれも13:30〜15:00
料金は1800円です(拝観料込み、ヨガマット別200円)
ヨガを60分行い、その後30分瞑想を行います

どちらも初心者向けの内容となり、ヨガはAkiha先生、瞑想は副住職が担当致します
申込、お問合せ等は0742-61-6312またはinfo@daianji.or.jp 大安寺副住職まで

オンラインでの配信も行います。オンラインにて参加ご希望の方はメール下さいませ。申込URLをお送りします

コロナ禍のため、各回10名程度を定員とさせていただきます

お気軽にお申し込み下さい

三論を学ぶ会について

絶えて久しい三論宗についての勉強会を発足致しました。
参加ご希望の方は大安寺までご連絡下さい。0742-61-6312   info@daianji.or.jp

講師 龍谷大学非常勤講師 小野嶋祥雄先生
日時 毎月第二金曜日 16時~17時半
場所 大安寺催事棟
費用 一回につき千円

次回は令和4年10月14日です

お問い合せ